mabinogi探検記 第4話 -ドゥル・ブラウ・ダイラム・セノン 前編-

d0122844_4163950.jpg

楽器演奏スキル、中々面白いです。
おかげでINTだけずば抜けて100超えました。魔力厨!
でも上位の人は普通に300とか行くそうです^p^





・前回のあらすじ
タルラークからティルナノイについての本を読むよう勧められ、
考えがまとまったらまた来るようにと言われた。
何とか本を手に入れ(かなりの時間を要して)内容を見ると
タルラークの思惑とはまったく逆の事が書いてあった。




そんなわけで、タルラークにティルナノイへ行く決意を話す。

「やはり本を読んで好奇心を満足させ、あきらめさせる事はできませんでしたか…」
あたりまえよ。

「よく聞いてください。ティルナノイは楽園などではありません、魔族の地です。
 そしてあの女神モリアンは人間を裏切った、あなたを利用しようとしているのです。」

ナ、ナンダッテー!
そ、そんなの信じないぞ!

「フフフ、信じられませんか?ではこの通行証をバリダンジョンの祭壇にささげて見れば
 私の言ったことが真実か分るでしょう。」



バリ褐色魔族通行証…
魔族が女神の結界を避けて使うという特別な通行証らしい。
いいだろう、行ってやろうじゃないの・・・!





d0122844_4192658.jpg

バリダンジョン。
鉱山の街、バンホールにある元々坑道であったダンジョン。
しかし、通行証をささげればそこは魔族の地…。
コボルトやグレムリンはもちろん魔法を扱うインプなど強力なmobが多く潜んでいる。

d0122844_4391548.jpg

ドンドン奥にすすむ。ココまで順調か…
と思いきやいきなりドでかいワームが沸いた。
これで中ボスとか、ハハハ…。






d0122844_4441273.jpg

そしてボス部屋。
黒い服を纏った人語を話す…人間?…魔族?
どちらにせよお話しする気は無いようなので倒すしかない!

「我、ここに在するは女神の意思!
 女神モリアンの名にかけ…人間に不幸を!」


!!!

タルラックマがいってたのはこの事か!



で、戦闘ですが案外アッサリ。アレー
中ボスのワームのほうが強かったかもしれない…。

しかしホントに女神が人間を裏切ったのか…まだ微妙に信じる事ができない…。

d0122844_4501684.jpg

奥の宝箱からこんな物が出てきた。

d0122844_4514318.jpg

司祭に見せてみろって事なので
とりあえずバンホールの司祭のカムガン君に見せてみる。

カムガン君曰く、これは司祭なら誰でも持っているものなのだそうだ。
そんなものを何故魔族がもっていたのか…。
とにかくカムガン君だけでは分らないのでティルコネイルに戻る。

d0122844_4544953.jpg

ティルコネイルの司祭、メイブン。
司祭にみせたところ裏側に奇妙な文字が書いてあるのを発見した。
人間の言葉ではない魔族の言葉のようである。
つまり、魔族なら分るのではないか、とのこと。どうやって聞くねん…。

ちなみに外にいたエンデリオン司祭は役に立たなかった。収穫鎌の改造でもやってろい。



当てもなく、カムガン君のところまで戻ってきてしまった。
カムガン君にこの事を話すと、ティルコネイルには人語を話す
魔族がいるという噂があるらしい。

そんなん見たこと無いぞ!





d0122844_501553.jpg

いた。


アルビダンジョンバトルアリーナ。
正々堂々とPvP勝負をする事のできる場所である。
そこの管理人がこのゴロというゴブリンだったのだ。

「あなたの武勇に敬意を表し
 私のようなゴブリンに出会えた記念として
 内容をお教え









 できたらどれほどよいことでしょうか!」


こいつwwwwww

要は、内容を教える代わりとして取引を要求してきたんですコイツ。
キアダンジョンで無くした指輪を取ってきてほしいとのこと。

しかも一人で、という条件付。

さらに悪い事にキア通常ではなくキア下級ダンジョンだということ…。

まぁ、先ほどのバリダンジョンで偶然拾ったキア下級通行証があるので問題なし。

d0122844_5114238.jpg

いざ突撃。
いきなりなんか毒々しい噴水がある!
飲めんのか・・・コレ・・・

飲んだらINTが上がった。びみょ。

d0122844_5134870.jpg

まあそんなのはどうでもいいんです。
何とかボスの部屋にたどりついたものの、初めての下級ダンジョン故に
POTはかなり消費、ナオサポはフルで使い果たし、武器耐久もそこそこ…。

さっさとボスを倒して帰りたいところです。




ガラガラガラ ガシャーン




d0122844_5162356.jpg


ゴゴゴゴゴ…

d0122844_5165756.jpg


┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨




第4話 -完-










・今日の登場人物
『ナオ』
d0122844_5284883.jpg

マビノギの代名詞とも言えるNPC。
普段はライフストリームと呼ばれる場所にいる。
課金サービスを受けていると死亡時にエリン時間1日で3回まで蘇生をしてくれたり
誕生日にプレゼントをくれたりする。
公式設定「おっ○いさん」
好きな言葉は「金の切れ目が縁の切れ目」らしい。

・Tips
『通行証』
ダンジョンに普通のアイテムを捧げると「通常」のダンジョンが生成されるが、
ダンジョンごとに対応した各通行証を捧げる事により、
敵の強さや種類が異なるダンジョンへ行く事ができる。
通行証は敵が落としたり、NPCと会話することで手に入れることが出来る。
それぞれのダンジョンに「下級」「中級」「上級」ダンジョンがあり、
難易度としては通常より全て上である。
また、ダンジョンによっては「初級」もあったり、非常に難しくクリアまでの時間を競う
「ボスラッシュ」ダンジョンというものも存在する。
各アリーナコインを対応するダンジョンに捧げる事でバトルアリーナにも入場できる。
[PR]

by kamone555 | 2008-07-24 08:31