一つの終わり



現行版Final Fantasy XIVが11月11日(皮肉にもポッキー&プリッツの日)に、
全ワールドダウン及びサービスの一時停止となりました。

d0122844_16163989.jpg

現行版は結局9月末頃からINしてなかったのですが、
一応のメインストーリーは全部終らせましたし全蛮神(極イフ除く)討伐、全レイドも攻略したので、
思い残す事はありませんでした。



それから1ヶ月。



ワールドダウン当日…




d0122844_16191184.jpg


















d0122844_16192481.jpg

















  宿屋のベッド > 調べる


















d0122844_1620940.jpg






















d0122844_1621568.jpg


なんじゃこりゃ


寝て起きたらベッドにレリック武器があるだと…。(現行版の黒魔道士最強武器)

まあワールドデータのセーブ自体は11月1日だったんで、
その日以降に取得したものに関しては新生へ引継ぎできないから何でもアリなのか…。



d0122844_16235039.jpg


と、言うわけで最終日は街中まで敵が押し寄せたり、
帝国軍がわんさかモードゥナ各地へ攻めてきたりと終末感溢れるイベントが行われていたのですが、
結局サーバーダウンの時間になった瞬間、何事もなくブツンと接続が切れてしゅーりょー。

もうちょいなんかあってもよかっただろ!

しかし最後の最後に帝国軍基地に攻め込んで、
一緒に戦ってくれたLSの人とご近所LSの方々に会えて本当に嬉しかった!
また新生エオルゼアのどこかで会える事を願っています。


ちなみに現在新生FFXIVのαテスト中真っ最中で、
βテストはプロデューサーレターの話では1月中からスタートだとかなんとか。

本サービス開始は4月頃になるそうです。待ち遠しいすなぁ。

わずか半年のFFライフだったけど満足できました。
ありがとうスクエニ。がんばれスクエニ。






現行版FF14のあらすじ。

舞台はエオルゼアという大陸(半島かもしれない)。
北東にある「アラミゴ」という巨大都市が他の大陸からやってきた「ガレマール帝国」という国に
滅ぼされるところから始まる。



「リムサ・ロミンサ」、「ウルダハ」、「グリタニア」、それぞれの3都市から冒険者(プレイヤー)が色々あって旅立つ



じつはこの冒険者、過去に降った流星雨の関係で、
人の過去を見れる(見れるというよりその出来事があった時に居合わせることが出来る)能力をもってる。
恐らく神さまのちからでこうなった。



こういう能力を持ってる人は蛮族扱いされかねないので、それを保護する団体
「十二跡調査会」があると聞いてウルダハへ向かう。



なんやかんやで十二跡調査会で仕事していくうちに本物の蛮族(アマルジャ族、イクサル族という獣人族)が
蛮神(イフリートとかガルーダとか)を召喚して帝国に立ち向かおうとしてるとかなんとか。



んなことしたら何が起こるかわからない!
しかも、むしろこれは伝説の災厄「第七霊災」の前兆であるとの噂を広める者が現れる。
冒険者達は蛮神討伐を開始する。



よく調べたら噂を流していたのは旅立ちの時にアドバイスをくれた人たちだった。
彼らは学術都市「シャーレアン」の人間で、来る「第七霊災」に立ち向かう為の勇者をさがしていた。
話によると全ての蛮神が復活したのち「紅き月」と呼ばれる衛星「ダラガブ」(ムービーで落ちてくるヤツ)が、
地表に落下してくる事が「第七霊災」であり、それを起こそうとしているのが実は帝国であると言う。



そういうわけで冒険者が各都市にある「グランドカンパニー」と呼ばれる部隊を説得し
霊災と帝国に立ち向かう同盟を設立する。



ガレマール帝国の第VII軍団の団長である「ネール・ヴァン・ダーナス」(ラスボスこいつ)が、
その計画を進めているとの情報を知り、同盟は帝国のダラガブとの通信基地を破壊する。



ところが破壊してもネール自身がダラガブを引き寄せ、もはやネールを倒さないとどーにもならん状況に。



そこで、エオルゼア一の技術者集団「ガーロンド・アイアンワークス」のリーダーである「シド」の飛空艇で
決戦の地へ向かう事に。



見事冒険者一行はネールを倒すがダラガブの落下は止まらない。
もはやこうなれば神頼みしかないってなことでシャーレアンの「ルイゾワ」(ムービーで出てくるおじいちゃん)
が、冒険者達に神々の聖地巡礼をしてくるように頼んでくる。



そして終焉の日。ここがムービーの内容。
団長を失った帝国の第VII軍団はモードゥナ地方に集結し、都市への攻撃に備えていた。
グランドカンパニー所属の冒険者達も全員集結し、最期の戦いへ向かう。

そして17時。

ついにダラガブが地表付近まで接近し、その破片だけでも多くの被害をエオルゼア全土に出していた。

神々が冒険者達の祈りに応えるも、ダラガブの中に封印されていた蛮神(?)「バハムート」によって
エオルゼアは消滅してしまう。

しかしその間際、ルイゾワの秘術により選ばれし冒険者達(αテスター当選者)を
別世界のエオルゼア、つまり新生エオルゼアの世界へと転送するところで現行版は終了する。




ってな感じ。
ちゃんとメインストーリーやってると最後のルイゾワじいちゃんの微笑みで泣ける。
当選しなかったけど…。
[PR]

by kamone555 | 2012-11-18 16:32 | FF XIV