ついに機関が動いたか…

◆JOGA「ランダム型アイテム提供方式における表示および運営ガイドライン」を発表。
確率明示や一般のレアアイテムは100倍以下,期待値5万円が上限に


日本オンラインゲーム協会(JOGA)。
そんな協会あったんか…。

元々ガチャとか課金アイテムって昔は「プレイを楽にする」とか、
「楽しみ方の幅を広げる」とかそういう類の使われ方だったのに、
最近のゲームは「ガチャを回す事がゲームを進行する上での必須条件」みたいになってて困る。

いい例がドラネス。
あのゲームはガチャで出る「アバター」が3種類の等級に分けられていて
その中での一番レアで、しかもいい能力(それもランダムで付与される)を持ってないと
強いモンスターは倒せない、みたいな使われ方をしていてホントに嫌だった。
なんなんだろうね、ココ最近の日本のオンラインゲーム、ソーシャルゲームにおける課金事情は。

あんま関係ないけど、最近たまに誘われてやる「League of Legends」(※海外サイト)ってゲームがあるんですけど、
コレにも課金はあります。
ま、もちろん頑張ればゲーム内のお金で買えるんだけど課金で買ったほうがはるかに時間をかけずに
好きなキャラを使えるので時間が無いプレイヤーにはうれしいシステムですが、
ちょっと違うのは週代わりで課金キャラがランダムで無料で使えるシステムがあったりするトコがミソ。

何かこうして見てみると、海外の運営の考え方は「お客に納得してもらった上で買ってもらう」的なシステムが存在するのに対して、
日本の運営は「いかに買った上で後悔しつつも払わせ続けるか」みたいな腐った根性が垣間見えてます。

そりゃ、払うほうの責任だろうけど明らかに悪意がある売り方には、
そろそろ法を適用するべきだと僕は思います。
[PR]

by kamone555 | 2012-08-16 01:21