わけたわけ

バイトで11月の風雨に4時間晒された結果見事に鼻水がとまらないかもねです。

眠くならない風邪薬がほじいでず。


元々MoE主体で始めたこのブログですが、
当時から僕はいろんなネトゲに手をつけていたました。

MHFがちょうどβだったりFEZも始まったばかりだったし、
アノ頃から相当の浮気性であったようです。

そんな中でMoEより先に始めてちまちまプレイしていたのがmabinogiだったんですが
一時期はこっちに記事を書いてましたが、
後から別ブログとして分けて日記を書くようになりました。

そのときは「記事が多くなりそうだから」と言う理由で作っていましたが
実は、別の思惑があって分ける事にしたんです。
今その秘密を紐解かん。





まずゲームブログを始めるに至って一番重要なのはネタであって
ネタが無ければ何も書くことが無くなります。そらそうだ。

で、一番ネタが手に入る時期っていうのは大体ゲームに慣れてない
いっちばんはじめの序盤の最初の生まれたてのビギナーの頃だと思うんですよ。

僕もたまに自分のブログの過去の記事なんかを読み返して見ると
「ああこの頃は楽しかったんだなぁ」
と、しみじみ思うもんです。

やはりゲームに慣れてないときは目に入る物全てが新鮮で
それを初めて見たときのカルチャーショック的なものがきっと心に残って
良いネタになるんだと思います。
何も面白い文章がかけなくても、「僕はコレをやってて楽しかったんだよ!分かれよ!」
っていう気持ちをそのまま書けば、他人から見てても楽しそうだなと言う事は伝わると思うんです。

ただ、それが何時までも続くかと言うとそうでもないわけで
ある程度ゲームに慣れてきちゃうと、新鮮味は皆無になって
「今日はコレをやった。まぁコレは楽しいけどコレだからな。」
みたいなツマラン文章になりがちなわけです。
実際自分の過去記事を見るとそういう傾向になってます。

でも一般的なゲームブログを見てみるとだいたいそういう雰囲気になりがちですよね。
僕の中でそういうスタイルに縛られないで記事がかけてるなあって思うのは
Elriaさんとか鹿さんとか、ああ純粋にMoEを楽しんでるなって感じます。
他の人がダメだって言いたいんじゃないですよ。

ま、コレは人によるんでしょうけれども
やはり僕は、どこかで見てしまった、体験してしまったモノは
自分の中で「面白かったモノ」として整理してしまって
「アレをやったらこうなるのがわかってる」みたいな考えになって
最初の楽しさを持続できないんだと思います。
それが一つのタイトルをじっくり遊べない原因のひとつなんでしょうけど。

そうなってしまったらネタは自然に生まれないので
わざと面白い事をして自分でネタを造りに行くことが多かった気がします。
ダーインでねずみかき集めたり、ナジャ祭壇までギガス引っ張ってきたりとか、
ああいうのは面白いけど造られた面白さなんですよ。
もしそれが初めてダーイン行ってねずみがいっぱいいたら「なにこれwwwww」みたいな
自然に沸いた面白さが出てくるのにね。


ま、そんなわけで話は最初に戻って何故マビのブログだけ別に分けたのか、

それはどうしても自然に生み出される「ネタ」を書きたかったからなんです。

どこにでもあるような「今日はコレをやってコレが出ました」みたいなゲームブログじゃなく、
「僕はコレをやってて楽しいんだ!」が分かるモノにしたいが故に
敢えて二つのブログとして分けてみたんです。

それで後で見返して、「あの頃は楽しかったんだな」って思える日記帳にしたかったんです。






















っていう言い訳を過去記事見直してて考え付いた。

ごめん、思惑なんてなかった。

でもそんな感じにしたいよねっていうお話。

そんなわけで別館:かもねはINTに恋してる(仮)をよろしくね☆ミ(←ここが本題)
[PR]

by kamone555 | 2010-11-16 16:33 | 日常